にしんそば
お品書きレシピ

にしんそば

Photo: Shuhei Tonami

尾張屋のお店の味がお家で作れる【お品書きレシピ】にしんそば。
京都では「年越し蕎麦は、にしんそば」と言われるほど、にしんそばに馴染みがあります。甘辛く炊いたにしんは尾張屋のだしとよく合います。

用意するもの(1人前)

濃縮うすだしと水を3〜3.5:1で割ったもの 250cc
乾麺・宝来そば半袋
にしん姿煮1本
刻みネギ 

1)あらかじめ蕎麦を湯がいて冷水でしめておきます

2)だしを煮立てる

3)1を湯に通し温め、湯切りして器に入れる
4)にしんをのせ2をかけて、出来上がり。お好みで小口に切った刻みネギをのせてお召し上がりください。

ポイント:にしんの姿煮は常温でOK、だしで程よく温まります。店舗では写真のようににしんの上に蕎麦をかぶせてお出ししています。にしんがお布団をかけてもらい温まっているようですね。

この記事に使われている商品
にしんそば詰合せ
にしんそば詰合せ
3,132円 〜 5,724円(税込)
購入ページへ
万能 濃縮だし
万能 濃縮だし
594円 〜 3,780円(税込)
購入ページへ